img_02

赤ちゃんがいる家庭のウォーターサーバーの選びの特徴

赤ちゃんのいる家庭でウォーターサーバーを設置する際に必ず気にしなくてはいけない機能があります。

それは、赤ちゃんのいたずら防止機能です。


一日中寝いているような頃はまだ問題ありませんが、はいはいやつたい歩きなど赤ちゃんの成長は目まぐるしく変わっていきます。


そうした変化が起きた際に、ウォーターサーバーはいたずらの的になりがちです。
冷水であればまだ床が濡れるだけで済みますが温水の場合は火傷の危険性もあるのでウォーターサーバーのいたずら防止機能は必須とも言えます。いたずら防止機能の種類はボタンを押すことでお湯が出なくなるものとお湯を出すコック自体に防止機能がついていて子供の力ではお湯を出すことができないものの2つです。

All Aboutの知識を増やしてみませんか。

こうしたいたずら防止機能は多くのサーバーで無料でついていますが、中にはオプション機能として有料で提供している会社もあるので事前に確認をする必要があります。

また、床置きタイプのものは小型なので子供が押したり地震の際に転倒する可能性があります。



転倒防止機能というのはありませんが、各社で工夫を凝らしているので比較してみると良いです。例えば、サーバー本体の裏側に転倒防止用のハーネスが搭載されていたり、足元に水ボトルを設置する仕様にして、重心を下にすることによって転倒しにくいように考えられています。
このようにたくさんの会社がサーバーを販売しているのでたくさんの特徴があります。


自分の家に適したサーバーを設置できるようにじっくりと検討することが望ましいです。