昨日金の買取をお願いしました

2007年に購入した我がパソコンがOSの関係で買い替えの時期を迎えました。

しかしこの不景気で我が社は未曾有の赤字で経営者、管理職は給料カットの憂き目に遭っています。パソコンは毎日使っている便利な機器です。
安もの買いではなくきちんとした仕様の機種を選びたいところです。将来を考えて現在売られているパソコンの価格を調査したら、なんと30万円もすることがわかりました。

金買取相場のお役立ちコンテンツ満載です。

正直、賃金カットの憂き目に遭っている関係上、貯金通帳から30万円がなくなるのはとても困ります。

考えた結果、毎月の純金積立でコツコツ貯めた金の買取をお願いして30万円を創出することにしました。

安心をコンセプトにしたYahoo!ニュースの情報について、かしこい情報の見分け方や利用方法を解説します。

手続きはとても簡単でした。

インターネットで買取価格を指定してクリックするだけです。

ちょうど為替は100円を突破した日で1グラムあたりの買取価格は4900円程度でした。
これを約60グラム買取していただいた結果になります。


2営業日後に30万円が振り込まれる形になります。


このように急な出費が予定されるときに貴金属の買取サービスはとても助かります。買取サービスがなかったら貯金が大きく目減りして不安に陥るところでした。


今回の実例からの教訓は、投資でもなんでもいいので貯金以外の現金を創出できるポケットが必要と言うことです。現在、株式相場にも投資していますがリーマンショック前の投資だったので、まだ元本にも届いていない状態です。こういう状況なので、急な出費が必要になったときは株式の売却は全く役に立ちません。
むしろ損をしてしまいます。

一番堅実なのは現物の貴金属をこつこつ貯める事です。

万が一経済システムが不安定になっても現物を持っていれば、必要な時に買取をお願いすればいいだけです。


プラチナでも構いません。
事実、私はこの7月に愛車の車検を迎えます。



この費用はこつこつ貯めたプラチナ積立の一部を買い取っていただいて費用を捻出する計画です。

大きな出費の対応では、いつも買取サービスに助けられています。